50歳、会社員、既婚、借り換えのため銀行から70万円ほど借り入れました。

大分市在住、50歳男性、会社員、零細企業勤務です。既婚で子供が二人います。

零細企業という事で収入は少なく、生活はぎりぎりの状態で、ちょくちょく消費者金融でキャッシングを利用していました。ただ当時は高金利でしたのでなるべく少額で抑えていましたが、簡単に借りれる事から困ったらすぐに借りる事を繰り返し、常にその返済に追われる状態でした。

そんなある時期友人から格安の海外旅行を持ちかけられました。そんな身分ではないのですが、期間限定という言葉に負けて申し込んでしまいました。ただどうしてもお金を捻出できず、クレジットカードのキャッシング枠が数十万円あるのに気がつき、50万円ほど借り入れてしまいました。

このカードの特徴は、近くのATMで簡単に借りれることですが、裏を返せばそれだけ危険をはらんでいるとも言えます。借りてからそれを感じました。金利も高いので毎月の返済額も高く、ただでさえぎりぎりの状態で更に借金が増える不安に襲われていました。

そうこうしているうちに思い付いたのが、ある地方銀行からの借り入れ、つまり借り換えです。調べてみると、大手銀行並みの低金利だったのです。しかもそこの地元の人であれば優先的に貸してくれるという事なので早速借り換えを申し込みました。

金利を聞いて驚きました。クレジットカードが年利17%でしたが、この銀行は当時年利4.5%でした。

早速借金の総額70万円ほどを借り入れ、そのお金で消費者金融とクレジットカードの借金を返済しました。家族にはこの件を報告しました。

借り入れ先は大分銀行で、1社目で審査に通りました。審査は簡単な面接と必要書類の提出ですぐに終わりました。銀行は厳しいと勝手に考えていましたが、拍子抜けでした。

返済額は毎月25000円と少額にしてもらいました。もしクレジット会社のままでしたら、同じ金額でかなり長く支払うところでした。本当に借り換えて良かったです。

もちろんそれぞれに特徴があり、どちらが良いとは言いにくいですが、自分のような低収入の者は低金利で無理のない返済計画が必要で、今後はそれを肝に銘じます。