支払い総額で判断する事とスムーズな返済がポイント

急な出費の時に便利なキャッシングサービス。

銀行が閉まっている時間帯でもお金を借りる事ができる事や、使用用途が自由となっているために、手軽にお金を借りる事ができる時代です。実際にここ数年でキャッシングの利用者は増加傾向をたどっており、利便性の高さが伺えます。

一方で、手軽に借りる事ができるが故に、ついついキャッシングを重ねてしまい毎月の支払いが大変、なんてケースも見受けられます。そういった状況の中、登場した金融サービスが、おまとめローンと呼ばれるものです。

おまとめローンは、複数のローンを1本化する事によって、これまでバラバラだった返済日が統一化され管理が楽になる事や、借入総額は上昇してしまいますが、場合によっては金利が低くなる事もあり、結果的に月々の返済額が軽減される場合もあり、効率的な完済を目指す事ができるサービスです。

とはいえ、複数の借入がある場合は一概におまとめローンがおすすめ、という訳ではありません。そこで今回は、おまとめローンの仕組みや利用方法、審査に通過するポイントについてご紹介したいと思います。

おまとめローンの仕組みと特徴について

おまとめローンとは、借入先が2社以上ある場合において、借入先を1社に変更する事になります。 つまりは、おまとめローンのサービスを実施している金融機関が、一度借金の全額を立て替えてくれるといったシステムになります。 特徴は、複数の金融機関から借りている場合において、借入額も返済額も異なり返済計画が立てづらいといった悩みも、一本化する事で返済日を統一する事ができますので管理がしやすくなります。 また、1社に対する借入額が多くなりますので、その分金利が低くなる可能性が高く、毎月の負担額の低減や場合によっては支払総額が低くなるケースもあります。

総支払額が増加する可能性がある

おまとめローンを行うということは、1社に対する借入額が多くなり、それだけ支払い期間が長くなるという事です。 毎月の負担は少なくなりますが、返済期間が長くなれば支払う利息はそれだけ多くなってしまい、場合によっては総支払金額が多くなってしまう事もあります。 そのため、利用する前には必ず返済総額のシミュレーションを行っておく必要があります。

銀行と消費者金融のおまとめローン金利の違い

おまとめローンを提供している金融機関は、大きく分けると銀行と消費者金融になります。 おまとめローン最大の特徴でもある「金利が低くなる」という点においては両社とも間違いありません。 なぜなら、金利は借入額によって設定されているため、借入額が多くなれば金利が低くなる傾向にあるからです。 なお、おまとめローン金利の目安としては、銀行の場合で概ね年3.0%から10.0%程度、消費者金融の場合で概ね年3.0%から18.0%となっており、金利だけでみれば間違いなく銀行の方がお得といえます。

気になる審査について

複数のローンを一本化する際にに気になるのが審査です。 一般的には、新規の借り入れに比べて厳しいと言われています。 なぜなら、すでに複数社の借入額を一本化させる事になりますので、必然的に高額の貸付となるからです。 当然の事ながら、高額の貸付になれば、貸し倒れといったリスクが上がりますので、各金融機関はより慎重に審査を行う事になるからです。 これは、銀行、消費者金融ともに同じ事ですでの、やはり審査は厳しくなるものと思っておいた方が得策です。

支払い総額で判断する事とスムーズな返済がポイント

総支払額の増加を防ぐ

金利が低くなるからといって安易におまとめローンに変更してしまうと、結果的には返済金額が増えてしまう恐れがあります。 先にも述べた様に、借入額が増加するために、毎月の返済負担を少なくしようと支払期間が長くなる傾向にあります。 例えば、100万円を返済する場合において、金利18%で3年間で返済する場合の支払総額は、1,301,486円となります。 これを、おまとめローンを利用して、金利12%で5年間で返済した場合の支払総額は1,334,667円となり、結果的には金利は低くなっても返済期間が長引いてしまえば、以前よりも支払う金額が多くなってしまう可能性が高くなります。 したがって、総支払額の増加を防ぐためには、先ずはしっかりとした返済計画を立てる事が大切です。 返済に関するシュミレーションは、サービスを提供している金融機関の公式サイトで、無料で簡単に利息を計算行う事ができますのでおすすめです。

銀行の金利が低いとは限らない

おまとめローンのメリットは金利が低いことです。 ただし、その謳い文句を鵜呑みにしてしまうと、実際には今までと金利が変わらない、あるいは反対に高くなってしまった、なんて言う事もあります。 基本的には消費者金融の場合において金利は上限が17.5%という業者が多く、銀行の金利は上限で15%程度となっており、銀行金利がとても安く見えてしまいます。 しかしながら、これらの金利はすべての人が対象となるわけではありません。 これまでの利用履歴や返済能力などによって、これまで利用してきたカードローンなどの金利よりも高い金利で貸付をする場合もありますので注意が必要です。 また、金利を低くしたいのであれば、現在の借入先の中で一番金利が低い金融機関よりも、別の金融機関を選択する事もおすすめです。

審査は厳しいものと考える

おまとめローンの場合は、これまでに複数の金融機関から借入れ行っているという事もあり、審査は厳しいものと考えるべきです。 また、おまとめローンはいかにスムーズに返済することができるのかどうかが判断されます。 したがって、審査におけるポイントは、平均以上の収入や同じ職場での勤務実績など、収入状況がより重視される事になります。 ですので、安定的な収入とカードローン等これまでの利用の中で遅滞をしていない、といった事をアピールできる事がポイントになります。

まとめ

毎月の返済額を減らしたい、といった理由でおまとめローンを考えている人は多いです。 しかしながら、金利が低くなった事で安心してしまい、支払期間を延ばしてしまった挙句に、結果的に総支払額が増えてしまっては意味がありません。 ポイントは、低金利の金融機関で利用する上で、返済期間を長くさえしなければ、毎月の返済額は今よりも抑える事ができます。 また、おまとめローンを利用するにあたり、金利が一番低い金融機関を選ぼうとする事は間違いではありません。 しかしながら、その分審査も厳しくなります。 ですので、普段から計画的な返済を行う上で、いざという時に備えておく事が非常に大切なポイントになります。