ブラックリストって何? 信用情報機関に登録されている情報の中身とは

銀行や消費者金融会社に借金を申し込むときに、ちらりと脳裏をよぎることが「自分はブラックリストに入っていないだろうか」ということです。

ブラックリストとは、いったいどういう性質のものなのか、一般的には知られていません。ただ漠然と、自分がブラックリストに入っていると、金融機関からはお金を貸してもらえないだろうという予感です。

このコラムでは、銀行や消費者金融会社がどのような目的で信用情報機関を作り、どのような情報を管理し、どのような人をブラックリストに入れているのかを述べてみたいと思います。

ブラックリストって何?

銀行にカードローンの利用を申し込んだり、消費者金融会社にキャッシングの利用を申し込んでも、ブラックリストに名前が登録されていると、審査をとおらず、お金を借りることができないと言われています。

しかし、世間の人は、ブラックリストというものが、どのような性質のものなのか、まったく知りません。どのような会社や組織に、自分の個人情報が預けられているのか知られていませんし、どのような情報が記録されているのかも知られていません。

銀行や消費者金融会社に借金を申し込む人は、自分がブラックリスト入りしているのか否か、不安な心理状態で借金を申し込むのです。

信用情報機関が設立された経緯

銀行や消費者金融会社は、それぞれが独自に顧客の信用情報を収集し、それを基準にして点数をつけて、優良顧客とそうではない顧客を区別し、融資を行っています。

しかし、経済の規模が巨大となった現代社会では、個人向け金融取引の形態が多様化したため、金融機関は自社が保有する信用情報だけでは、正確な審査ができなくなりました。そのため、他の会社と情報を共有する必要が出てきたのです。

そこで、銀行や消費者金融会社は、それぞれが持っている顧客の融資に関する利用履歴を登録し、新規利用申し込みのさいに照会できる個人信用情報機関を作り、多重債務者や不良顧客を抱え込むことを防止することになったのです。

現在は、銀行が加盟している全国銀行個人信用情報センターや、消費者金融会社が加盟している全国信用情報センター連合会やテラネットなどがあります。

信用情報機関には、どのような情報が登録されているのか

信用情報機関には、3つのカテゴリーに関する情報が登録されています。ひとつは、個人を特定するための情報で、氏名、生年月日、住所、電話番号、勤務先などです。

次に、契約内容に関する情報があります。これは、すでに金融機関などで住宅ローンやカーローンなどを借りた実績のある場合、その契約内容に関する情報となります。契約日や、融資金額、返済回数、契約終了予定日などが登録されています。

そして、支払いに関する情報です。住宅ローンやカーローンに関する返済の履歴や、残りの借金額、延滞が発生したか否かといった情報となります。

ブラックリスト入りとは何か

ブラックリスト入りとは、住宅ローンやカーローンの返済において、延滞を続けてしまったり、多額の借金をした結果、自己破産などの債務整理をした人について、事故情報として登録されてしまいます。

信用情報機関は複数ありますが、最低でも5年間はブラックリストに記録が登録されてしまい、新たな借金をすることができなくなってしまうのです。

自分の情報を照会することができる

信用情報機関に登録されている情報については、金融機関だけでなく、一般の個人も自分自身の情報については取り寄せることが可能となっています。このことは、あまり世間には知られていません。

それぞれの信用情報機関のホームページを閲覧すると、信用情報開示申し込みに関する説明が記載されていますので、それに従って申し込みを行います。すると、数日後には信用情報開示報告書といった名目の書面が自宅に郵送されてきます。

報告書には、自分自身の氏名や生年月日、電話番号、住所、借金の残高などが書かれています。また、ローンの返済状況については、記号で表示されています。そのなかで「A」というマークがあれば、ローンの返済がなかったという記録となっています。つまり滞納があったということです。Aマークが何度もついている人の場合は、銀行や消費者金融に新たに借金を申し込んでも、審査で落ちてしまう可能性が濃厚といえます。

自分自身の信用情報を確認すれば、わかることですが、何回もローン返済を滞納している人がカードローンの審査に落ちるのは当然のことです。一方、円滑に毎月返済している人であれば、審査を通過することも理解することができます。

お金を貸す側の立場に立って考えれば、信用情報機関は必要不可欠な機関であり、ブラックリストも必要不可欠な情報であることを理解することができるのです。

まとめ

ブラックリストといっても、何も怖れる必要はありません。

一言でいえば、住宅ローンやカーローンを毎月きちんと返済していれば、絶対に入ることのないリストです。例えばクレジットカードの支払いや、携帯電話の割賦返済など、すべての支払いや返済について滞納をしていなければ、何も心配はいらないのです。それが、ブラックリストです。

それに、自分自身がお金を貸す側に立てば、信用情報機関というものはありがたい機関といえます。お金を貸してくれと申し込んできた人が、住宅ローンやカーローンの返済を滞納したことがあるか否かをすぐに照会することができるのです。現代社会では必要不可欠な存在といえます。